インバウンドでタイ人を集客! 事例多数で万全の用意 [PR]
ナムジャイブログ

2014年03月31日

中国ナンバーのベンツが走り抜ける

【通常のブログはしばらく休載。『裏国境を越えて東南アジア大周遊編』を連載します】
【前号まで】
 裏国境を越えてアジアを大周遊。スタートはバンコク。カンボジア、ベトナムを北上。ディエンビエンフーからラオスのムアンクアに入った。そこから川を下り、ノーンキャウに着いた。
     ※       ※
 ノーンキャウからルアンパバーンまでは3時間。これまでの旅を思えばあっという間だった。途中、自転車を漕ぐバックパッカーを何人も追い抜いたが、何台かの対向車とすれ違った。ベンツの高級車だった。ナンバープレートのはじめには、「云」という漢字。中国の雲南省の車だった。
 これを中国の膨張主義ととらえていいのかは議論が分かれるかもしれない。しかしラオスにはいま、かなりの数の中国人が入り込んでいる。彼らは自分たちの車でラオスに入ることができるらしい。
「すごい高級車ですよ。数千万円はする」
 車に詳しい阿部稔哉カメラマンがカメラをのぞきながらいう。中国人の金もちの行動はどうしても鼻についてしまう。ラオスにベンツでやってくるのだ。
 ノーンキャウからのバスが着いたのは、北バスターミナルだった。僕らは翌日、さらに西に向かうつもりでいた。
 西に向かうバスは南バスターミナルから出発するという。トゥクトゥクで向かった。
「………?」
 南バスターミナルに近づくにつれ、「ここはどこ?」状態に陥っていった。看板に漢字が増えてきたと思っていると、その数はどんどん増し、漢字の看板しかないような世界に入り込んでいたのだ。
 ルアンパバーンの南バスターミナル周辺には、リトルチャイナができあがりつつあるようだった。
 中国はいま、ラオスのなかで、さまざまなプロジェクトを行っている。鉄道建設、火力発電所プロジェクト、木材ビジネス……。中国政府はラオス政府から森林をリースする事業を行っている。50年のリースで借りた森林から、木材を切り出し、植林をして、50年後には元の森林に戻して返却するという手法である。はたして50年後、どういうことになるのかわからないが、事業はすでに進んでいるという。
 金と一緒に人も送り込む──。これが中国プロジェクトの特色である。多くの中国人労働者が、ラオスで働きはじめている。彼らの住む一帯は、中国語と中国元が通用する。
 ルアンパバーンの南バスターミナル周辺の街は、そんな中国人居住区のひとつになっているようだった。
 まるで植民地になっていくような感覚。ラオス人が抱いたのはそんな怖れだった。わがもの顔で入り込んでくる中国人は、不気味だった。ラオスの政権も、中国のやり方に首を傾けはじめる。いま、いくつかのプロジェクトが再検討されはじめたという。
 メコン川に面した山間の古都がこんなことになっていたのだ。
 南バスターミナルでバスチケットを買った僕らは、旧市街に向かった。トゥクトゥクで10分ほどである。
 それは、中国からラオスに戻っていく時間だった。(以下次号)

(写真やルートはこちら)
この旅の写真やルート地図は、以下をクリック。
http://www.asahi.com/and_M/clickdeep_list.html
「裏国境を越えて東南アジア大周遊」を。こちらは2週間に1度の更新です。



Posted by 下川裕治 at 11:57│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。